牛への愛でもらえる3つ報酬とは?豆乳、合皮、植物性という選択肢のメリット

cow

SHARE

牛への愛でもらえる3つ報酬とは?豆乳、合皮、植物性という選択肢のメリット

牛への愛でもらえる3つの報酬

『牛を愛する』とは、焼肉をもっと食べろとか本革のベルトを買えとかいう意味ではありません。
むしろ逆です。牛に関してよく知ること。
例としては、毎日の牛丼は週末だけにし、
たまには牛乳の代わりに豆乳を選ぶといったことに近いです。
ソフトクリームや焼肉を始め、本革を使用した靴やベルトなど、
私たちの娯楽はそれなしでは物足りなくなるほど、牛に支えられています。
ただ私たちは、その恩恵とともに不健康も享受している』のをご存知でしたか?
動物愛護の観点から牛を保護し、食肉を止めろと訴えているのではありません。
本来はそれが望ましく、素敵な考えであることは確かなのですが!
それに大多数の人にとって、日常から牛に関わる製品を取り除くのは
ほぼ不可能に近いです。
しかし実は、『牛に関わる食品や製品の危険性を知ること』
『不健康な側面を取り除き、メリットだけを増大させる』という事実を知ってもらいたいのです。
では具体的に、今までの何をどう変えればいいのでしょうか。

牛乳より豆乳

『勉強熱心な受験生やホルモンバランスが崩れやすい女性の方』をはじめ、
スタバで抹茶ラテのミルクをソイに変更するあなたにはこんなメリットがあります。

  • ダイエット効果で痩せる
  • 記憶力と集中力が向上する
  • 精神状態が安定する
  • 骨や歯が丈夫になる
  • 更年期障害が治る
なぜこれらの効果が得られるかは、
牛乳より豆乳がいい5つの理由を参考にしてください。
牛より豆を選ぶだけで、これだけのメリットがあるのです。
また、牛乳には『アトピーや喘息、発がん』などへの影響が示唆されています。
年収の高い健康上流と言われる2割の人たちは、こうした賢い選択を熟知し、
日々のパフォーマンスに生かしているのです。

本革より合皮

合皮を使用した製品にはこんなメリットがあります。

  • 汚れに強い
  • 耐水性が高い
  • 手入れが必要ない
  • 軽くて便利
合皮のデメリットとすれば、長持ちせず、使い込んでも味が出ないことくらいです。
もちろん本革なら、経年変化を楽しむことができ、手入れをすれば長年使うこともできます。
ですが、本革のデメリットは合成のそれに比べると少々厄介です。
高価であることや定期的な手入れに手間がかかることなど、それなりの対価が要求されます。
はい、ここまではいいのです。贅沢な悩みですから。
ですが『特に肌が弱いや子供がいる方」は、本革に潜む危険性が人体の健康にまで及ぶことを知ってください。

・本革のデメリット

一般的に天然や自然という言葉は良いイメージを持たれがちですが、本革やレザーに関しては真逆です。
服やアクセサリーに使用される本物の皮は、『有害な化学物質や防腐剤』でコーティングされています。
合皮の他にも、本人は気づいていませんが、
良かれと思って購入したラビットやフォックス製のマフラーが、
『あなたの子供の肌に病気をもたらしてしまう』ケースはよくあるのです。
このデメリット1つだけで、本革から合皮に変える理由は十分なはずです。
『あなたの選択肢1つで、家族の健康は良くも悪くも傾く』という事実を受け止めてください。
また、合皮を選ぶことは動物愛護にもつながります。
本革を止めることで、家族の安全と素敵な思想が手に入る』なんて最高だと思いませんか?
私は少なくとも、こうしたデメリットも考慮しつつ、
麻酔なしで生きたまま吊るされ、
強引に剥がされた皮を身にまといたいとは思いません。
残酷な牛の扱われ方に興味にある方はこちらで確認してみてください。
きっと価値観が変わるはずです。

動物性より植物性

牛肉や牛乳、ヨーグルトに含まれるタンパク質は、文字通り動物性です。
対して納豆や豆腐、豆乳に含まれるタンパク質は、植物性に分類されます。
植物性タンパク質のメリットは主にこの3つです。

  • ダイエット効果で痩せる
  • 糖尿病の予防
  • 心疾患の予防
それだけと思うかもしれませんが、逆もまた然りです。
動物性タンパク質の主なメリットは、
人間の体に必要な必須アミノ酸が多く含まれていることくらいです。
ではなぜ、動物性より植物性の方がいいのか。理由はこれに尽きます。
動物性タンパク質には数々のデメリットが潜んでいる』からです。
動物性タンパク質のデメリットは主に5つです。
  • 食中毒
  • 肌荒れ
  • 発がんの促進
  • 便秘
  • 尿路結石
日々の動物性タンパク質が蓄積し、過剰摂取となった結果、
病気という形になってあなたの健康を害します。
特に気をつけてもらいたいのは、『尿路結石』です、
かなりの激痛を伴うこの病気は、『肉好きな男性は特に気をつけるべき』です。
なぜこうした症状が引き起こされるのかについては、
摂りすぎ危険?タンパク質まとめを参考にしてください。