菓子パンは命を削る?糖質が及ぼす健康への悪影響

Demerits of Pastries

SHARE

菓子パンは命を削る?糖質が及ぼす健康への悪影響

こんにちは、平日ベジタリアンのベジベリー(@VegetarianStyle)です!

今回はコンビニやスーパーの菓子パンに潜む危険性を解説していきます。

菓子パンは命を削る?

Pastry

現代では安価で美味しい菓子パンが次々と開発されていますよね?

お財布にも優しく量も多い菓子パンは確かに小腹を満たすのに最適かもしれません。

しかし結論からして菓子パンは非常に不健康なのです。

あくまでもお菓子としてのパンなのでその正体は糖質の塊。

しょっぱいパンと甘いパンを食べてもバランスは保たれません。

ここではなぜ菓子パンが命を削るほどに危険と言われているのかを紹介します。

天然酵母のパンを食べてみる

添加物と防腐剤が超危険?

Additive

周知の事実ですがコンビニの菓子パンには添加物や防腐剤が盛り込まれています。

これら人工物を使用する目的は企業側が長期保存やコスト削減、見栄えの良さを追究しているためです。

そしてこうした安価な商品には消費者の健康はほとんど考えられていません。

事実としてこれらの添加物と防腐剤には発がん性があることが判明しており血糖値を急激に上昇させてしまいます。

そしてこの急激な血糖値の上昇が様々な病気の引き金となるのです。

ではなぜ、人々は健康を無視して菓子パンに手を伸ばしてしまうのでしょうか?

その原因は大量の糖分が脳を麻痺させてしまうことにあります。

この現象は糖質中毒と呼ばれ現代人が持つ病気の主な理由の1つです。

添加物と防腐剤のデメリット
  • ストレスが溜まりやすく疲れやすい
  • うつ病になりやすい
  • 頭痛やだるさが抜けない
  • 肌荒れになりやすい
  • 不眠症に陥る

タンパク質・脂質・糖質は1日に何グラムまで?

低所得層ほど糖質に走る理由

Pastry

平成27年度の調査では糖尿病を強く疑われる人の割合が男性で19.5%、女性で9.2%にも上ります。

さらに隠れ血糖値異常の人を含めると男性の5人に2人、女性の5人に1人が糖尿病なのです。

そしてこの原因の9割以上はズバリ糖質の過剰摂取にあリます。

昔の人々は木の実や動物の肉、魚介類などを主な食料としておりその量もわずかなものでした。

しかし現代は安くて美味しい菓子パンやピザを手軽に食べられる時代です。

そのため、お金に余裕のない学生や低所得者ほどそれらを好み糖尿病予備軍が急増しているのです。

現代人が意図的に食べ物を変えてしまった結果が今日の不健康の発端に結びついていると言えるでしょう。

MEMO

糖尿病はかつて贅沢病と呼ばれ美味しいものをたらふく食べる人だけがなる病気でした。事実として、毎日3食白いご飯という生活は私たちの祖先である縄文人からすれば考えられないほど糖質過多なのです。

天然酵母のパンを食べてみる

体を蝕むイーストフードとは?

Pastry

菓子パンに含まれる添加物にはリン酸塩や塩化アンモニウムなどを始めたくさんの種類があります。

そしてこれらを総称したものがイーストフードなのです。

特に塩化アンモニウムは危険な添加物として知られています。

仮に犬がたった6~8gの塩化アンモニウムを摂取しただけで1時間以内に死んでしまうほどその毒性は高いのです。

人間の場合は多量摂取により吐き気や嘔吐などの症状を引き起こすことがあります。

よほど摂取しなければ発症しませんが毎日3食菓子パンという生活だけは絶対に避けましょう。

マーガリンは食べるプラスチック?

Margarine

イーストフードの他にも菓子パンにはマーガリンが使用されています。

実はヨーロッパの一部の国々ではマーガリンの製造販売が禁止されているのをご存知でしたか?

その理由は食べるプラスチックと呼ばれるトランス脂肪酸が多く含まれているためです。

トランス脂肪酸のデメリット
  • 悪玉コレステロールの増加
  • 動脈硬化を引き起こす
  • 心疾患になりやすい

また、添加物や防腐剤などがもたらす悪影響は菓子パンだけの問題に限らないのです。

コンビニのパンだけでなくシリアルやラーメン、パスタやお好み焼きにまで汚染された小麦が使用されているのです。

大量の防腐剤

日本が85%を輸入に依存している小麦にはたくさんの化学肥料が使われています。さらにカビ防止のために大量の防腐剤がまぶされてるのは列記とした事実です。

天然酵母の美味しいパンを食べよう!

Bread

確かに金銭的にみれば安くて美味しい菓子パンは庶民の味方かもしれません。

ですがカラダの健康を考えた時、それは節約して命を差し出していることと変わらないのです。

そこで筆者オススメの天然酵母のパンを紹介します。

 

野菜をはじめお肉や魚類の価格が高いのは大きな障壁かもしれません。

しかし最近ではこうした健康への事実を知ることで健康志向の人が増えているのです。

その結果として需要が変化し市場全体における野菜類の価格が下がるという現象も起こっています。

高い洋服や電子機器を買う余裕があるならば多少お金を払ってでも健康を買う価値は大いにあるのではないでしょうか。

その証拠に2割と満たない健康上流と呼ばれる人たちは日々積極的に健康に投資しています。

素材の味を楽しみ、健康に投資するという意味では天然酵母のパンが1番です。

小麦を断つグルテンフリーとは?

Gluten free

パンに関する興味深いデータがあります。

乳がん患者の8割は朝からパンを食べており食生活の中ではご飯が極めて少なくパンがメインである。

そしてこの真逆の例にコロンビア大学の研究があります。

それは小麦を断つことにより1年以内に肥満患者が半減し、太った患者の50%以上が平均12キロの減少に成功したというものです。

この例のようにパンだけでなく小麦を含む製品を断つことが様々な病気の改善につながることは証明されています。

パンやパスタなどの小麦を使った食品の摂取を控えることをグルテンフリーと言います。

最近ではグルテンフリーのお店や食品が増えてきているので1度味わってみてはいかがでしょうか?

きっと素材の旨みや雑味のない美味しさに気づかされるはずです!

牛乳より豆乳が良い5つの理由

菓子パンの不健康説は賛否両論

Bread

菓子パンに添加物や防腐剤を始めとした人工的な物質が含まれているのは事実です。

しかしこれらの化学物質は一定量を摂取しなおかつある限定された状況下でしか毒性を発揮しないのも確かです。

筆者が確実に言えることは、菓子パンが人体に悪影響を及ぼず可能性はあっても好影響をもたらす可能性はないということに尽きます。

なのでそうした意味では菓子パンや糖質に潜む危険性を理解した上でたまに食べるくらいならば構わないと思っています。

ただし健全な心と体なしではお金があっても何も楽しめませんね!

パンは天然酵母と全粒粉だけ!