日本人がベジタリアンに向いている3つの理由!日本人の体質と菜食主義は相性抜群だった?

Vegetarian

SHARE

日本人がベジタリアンに向いている3つの理由!日本人の体質と菜食主義は相性抜群だった?

こんにちは!

平日ベジタリアンのVegeberry/ベジベリー(@VegetarianStyle)です。

今回は日本人の体質とベジタリアンの相性について解説します。

日本人に特有の脂肪がつきやすい体質やセレブから注目を集める日本初のマクロビを元に分析してみました。

総じてベジタリアンは、日本人の食生活にフィットした健康的なライフスタイルであると言えるでしょう。

日本発の菜食主義である『マクロビオティック』とは?

Macrobiotic

マクロビオティックとは、玄米や全粒粉を主食として野菜や海藻などを食べる昔ながらの日本食をベースとした食事法です。

また、Macrobioticはギリシャ語を語源としており、自然に即した命の在り方という意味を持ちます。

マクロビオティックには、地元において旬の食材を食べるべきであるとする「身土不二」という考え方が存在します。

これは環境と身体は密接な関係にあり、日本の伝統食でない肉食は避けるべきであることを示唆しているのです。

もともと日本には肉食や乳製品の文化は発達しておらず、穀物・魚・野菜中心の生活が一般的でした。

戦後の行動成長期以降に肉が魚の消費量を上回ったばかりであり、そもそも日本人の体質に肉食や乳製品を上手に分解し吸収する酵素はあまり含まれていないのです。

このように日本の歴史から見ても日本人は菜食主義向きの体質であることが分かります。

ちなみにマクロビオティックの思想をベースにしたIN YOUというWebマガジンをご存知ですか?

オーガニックな食品情報を発信している貴重な情報源ですのでぜひチェックしてみてください。

IN YOU公式サイト

自分の体質を理解することが健康上流への第一歩

Body Style

そもそも人間の体質というのは主に遺伝的要因によって大きく分けられています。

有名な例で言えば、日本人は欧米人に比べて内臓脂肪がつきやすい体質というのがそうでしょう。

そして体質ごとによって食材がカラダに及ぼす影響も異なるのです。

理解しておきたいポイントは、世界で流行りの新しい健康法やスーパーフードが必ずしも日本人の体質に好影響を与えるとは限らないということです。

食べ物の消化能力やアルコールの分解能力以外にも脂肪や筋肉のつき方などの根本的な体質が違えば、身体に適した食べ物や生活習慣が異なるのは当然なのです。

ダイエットや肌改善などの美容を目的とした体づくりをするにしても、まずは日本人の体質を把握してことが大事でしょう。

日本人の体質がベジタリアン向きである3つの理由

Macrobiotic

日本人がベジタリアン向きな3つの理由
  1. 内臓脂肪が付きやすい
  2. インスリンの分泌量が少ない
  3. 8割が乳糖不耐症である

日本人の身体は内臓を脂肪で支えるような筋肉の構造になっています。

歴史的に脂質の少ない食事を続けてきた日本人ですが、肉食文化の普及により脂質の摂取が過剰になってきました。

肉や魚を食べないベジタリアンの食事スタイルであれば、脂質の摂取を効果的に控えることができます。

まずは内臓脂肪が付きやすいという体質において、日本人はベジタリアンに適しているでしょう。

そして日本人はもともとインスリンの分泌量が少ない民族であることをご存知でしたか?

そのため炭水化物に多く含まれる糖質の補給が少なくなると、逆にエネルギー不足に陥ってしまい代謝が低下してしまいます。

ご飯やパンなどの主食はベジタリアンにとって重要なエネルギー源です。

インスリンの分泌量という点においても日本人はベジタリアン向きの体質でしょう。

そして極めつけは日本人の8割以上が乳糖不耐症であることです。

乳糖とは哺乳動物である牛などの乳に含まれる糖分を指します。

そして牛乳にはたくさんの乳糖が含まれています。

ところが日本人を含む多くのアジア人は、ラクターゼという乳糖を分解する酵素をほとんど持っていません。

牛乳を飲むとお腹を壊しやすい民族である私たちには豆乳が最適でしょう。

その点ベジタリアンは乳製品を極力摂取しないので、やはり日本人にはうってつけのライフスタイルと言えます。

初心者にはフレキシタリアンがおすすめ

Flexitarian

フレキシタリアンの主な定義
  • 大切な人や上司といる時は肉や魚を食べてもOK!
  • チキン・ポークエキスなどは気にしないでOK!
  • 週末は肉も魚も食べてOK!

フレキシタリアンは食事の際に柔軟な選択が可能な菜食主義者のことを指します。

ベジタリアンと言えど、大切な人が作ってくれた料理や上司との食事の際にどうしても肉食を断れない状況があると思います。

平日だけベジタリアンのライフスタイルで週末は自由の食べていいというスタイルもあるので気軽に試しやすい菜食主義と言えるでしょう。

フレキシタリアンの魅力とは?

知って得するベジタリアンの由来とは?

Vegetarian

ベジタリアという名称の由来には諸説ありますが、以下の2つが主流です。

ベジタリアンの由来
  • ラテン語で活力のあるVegetusという意味に基づく説
  • 英語のVegetable(野菜)とTarian(人)を合わせたという説

総じてベジタリアンという言葉には「精神的にも肉体的にも生き生きとした力強い人」という意味が込めれらています。

実際にベジタリアンには健康で活動的な人が多く、菜食主義の実践者に歴史上の偉人やセレブが多いのも事実です。

菜食主義でいると味わうことができる、頭がスッキリしたり身体が軽くなったりするといった効果がその理由でしょう。

ベジタリアンは草食系ではなく、むしろ現代的で質の高い食事法なのです。

菜食主義とはもはや成功者にとって必須のマネジメントスキルかもしれません。