グレインフリーによる4つのメリットとは?穀物不使用は世界と動物を救う!

Grain Free

SHARE

グレインフリーによる4つのメリットとは?穀物不使用は世界と動物を救う!

世界と動物を救うグレインフリーとは?

Grain Free

グレインフリーとは主に穀物を摂取しない食事療法のことを指します。

この穀物不使用の概念はダイエットブームにより注目を浴びていますが、元々は小麦アレルギーの人やペットフードのための概念でした。

例えばグレインフリーのキャットフードなどは、消化器官への負担を減少させることで猫の寿命を伸ばしたり病気の予防効果を発揮してくれます。

MEMO

グレインフリーに似たグルテンフリーとは、小麦などの穀物から摂れるタンパク質の1種を避ける食事療法のことを指します。

グレインフリーが流行る理由とは?

Grain free

グレインフリーが流行る理由
  • 手軽で効果的なダイエットの習慣
  • 肌荒れを始めとした病気の予防
  • 環境保護や動物保護などの世界貢献

グレインフリーの食事療法が流行している理由には大きく分けて3つあります。

1つはダイエットの習慣としてグレインフリーが効果的であること。

2つ目は穀物の摂取を控えることが様々な病気の予防につながること。

そして3つ目は穀物不使用により環境保護や世界貢献が期待できることです。

まだ認知度の低いグレインフリーですが、ダイエットや病気の予防に始まり世界をより良くする可能性までも秘めているのです。

グレインフリーによる4つのメリットとは?

Grain Free

グレインフリーのメリット4つ
  1. 炎症予防による美肌効果
  2. 低糖質の食事によるダイエット効果
  3. 水の節約による飢餓の抑止効果
  4. 家畜用の動物が解放される

主要な穀物である小麦やライ麦などは人工的に精製された糖質として日常の様々な食品に利用されています。

代表的な食べ物としてはパン・パスタ・お好み焼きなどがありますが、どれも健康を害すものばかりなのです。

しかしこれだけ日常的な食べ物を制限するとなると、穀物不使用の食生活によるメリットは計り知れません。

もちろん穀物を摂取する回数を減らすだけでも様々な効果があるのでぜひ試してみてください。

菓子パンは命を削る?

様々な病気を予防でき糖質制限により痩せる

Skin

穀物に含まれる糖質は血糖値を上昇させて脳内で炎症を引き起こします。

その結果、アルツハイマーなどの様々な病気が誘発されるのです。

しかしグレインフリーの食生活では、アレルギー症状を引き起こしやすい穀物の摂取を控えることができます。

そして様々な病気の発端となる炎症を防ぐことができるのです。

また穀物不使用を意識していると、自然にグルテンフリーの食事と重なっていくでしょう。

穀物摂取を止めることで小麦なども控えるようになり、ダイエット効果や美肌効果は増すばかりでしょう。

コロンビア大学の研究によると小麦を断つことで1年以内に肥満患者の50%以上が12kg以上の減量に成功したことがわかっています。

MEMO

穀物に関する研究として、朝食にパンを食べることが様々な病気の引き金になることもわかっています。

余剰分の水が飢餓を救う?

Grain Free

唐突ですが、穀物1kgを生産するには10000ℓの水が必要であることをご存知でしたか?

仮に朝食のパンとグラノーラを魚や味噌汁に置き換えたとしましょう。

魚や味噌汁が食卓に並ぶまでに消費される水はわずかな量です。

パン1枚が約60gなので約600ℓの水の節約。

グラノーラ1杯が約70gなので約700ℓの水の節約につながります。

そしてこれらを合計すると約1300ℓもの節約になります。

対して1人当たりが1日に飲む水の量は2ℓです。

つまり週に1回でも朝食を穀物不使用の食事に置き換えれば、600人以上の人が1日多く生き延びることができる計算になるのです。

もちろん理論上ではありますが、数字で可視化してみると確かな事実が浮き彫りになると思いませんか?

穀物不使用のグラノーラとは?

家畜用の動物が自然に解放される

Livestock

間接的ではありますが、人々の穀物摂取量が減れば穀物の需要も減ります。

そして穀物の生産量が減少すると、家畜の餌に使用される穀物も減ります。

つまり結果的に家畜そのものの需要が減少するのです。

もちろん肉を食べない食生活を送れば、効果的な動物保護への貢献になるでしょう。

例えば肉食は穀物を使用した食事よりはるかに水を消費し、牛肉100gを生産するのには水10000ℓが必要とされます。

牛1頭の可食部は400kgなので約4万トンの水を節約すればやっと牛1頭分を解放できる計算です。

これは仮に8163人が1週間の朝食をグレインフリーにしたら7日に1頭のペースで牛が殺されずに済むということです。

端的に言えば、自分の食生活を少し変えるだけで世界貢献を果たしていることになります。

しかし、穀物を使用したパンなどの製品を他の食べ物に置き換える際には制限があるので気をつけましょう。

特に肉を含む弁当やおにぎりに置き換えては意味がないので、出来るだけ水を消費しない食物を選ぶのがコツです。

知って得するベジタリアンの魅力3つ

グレインフリーに秘められた世界平和の可能性

Grain Free

本来グレインフリーは、キャットフードやドッグフードに対して用いられる概念でした。

しかし私たち人間の健康を始め動物や自然、飢餓に苦しむ人々にまで好影響をもたらす可能性を十分に秘めているのです。

問題点は、人々の健康的な食生活が飢餓の根絶や動物保護に貢献している事実が可視化されていない実態にあるでしょう。

人類の課題は多くありますが、数字で可視化することにより人種や場所を問わず誰でも個人単位で貢献していくことができるのです。

そしてなおかつ、菜食主義やグレインフリーといった世界貢献のスタイルは自分の健康にもメリットをもたらしてくれます。

自分だけでなく家族の健康や他者の幸せのためにも、1日1食のうちどれかをグレインフリーにすることは立派なステータスと言えるかもしれません。